読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

川上弘美『夜の公園』

小説

夜の公園

夜の公園


なんだか印象が違う。「神様」とか「蛇を踏む」の印象が強いからそのギャップだろうか。作者の独特の「空気感」は微かに残っているものの、一部分だけを切り取ってしまったら「あれ、誰の本読んでるんだっけ?」っていうぐらいに希薄だ。


物語は十分に出来ているし、読み応えがないわけではない。最近触れていなかったから感じる違和感だけかなとも思うんだけど。う〜む。


初期の作品を再読してみようかな。あの虚構と現実の入り混じった感じをもう一度味わいたい気がする。