読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

ツーデーパスで行く在来線の旅。

鈍行列車の旅と言えば「青春18きっぷ」ですがさすがに5日間も休みは取れない。
そこで、5000円で2日間フリーエリア内乗り放題のツーデーパスを使ってみました。


新宿駅みどりの窓口で購入。


さ、行こーか。


全く予定も無いままに、とりあえず北を目指してみる。
っと宇都宮線に乗ったところで、人身事故で1時間足止め。
でも悪い気分はしない。そもそもが予定のない旅なので、のんびりのんびり。


昼前に、宇都宮着。
宇都宮といったら餃子でしょ! つうことで昼食は餃子定食!
夏休みだからか家族連れ多し。ちょっと並びはしたけど割りとすぐありつけた。




餃子!餃子!



腹が満たされたところで、ちょいと駅周辺を散策。
駅まで戻って喫茶店で一服してたら、となりのおっちゃんに話しかけられて暫し談笑。
これもまた旅の楽しいところですよね。



さて、再び北へ。


こっからさらに田舎色が強くなる。
とりあえず郡山にまずは行こうと思ったんですが、さすがに1本では辿りつけず乗り継ぎが必要。


終点の黒磯で福島線(だったかな?)に乗換え。
時刻表はこちら。見事に1時間一本。最初は驚きましたが、後に当たり前過ぎて慣れましたよ。

のんびりのんびり電車は進む。
世界の車窓ならぬ、日本の車窓から。


田園の中をひたすら駆けて行く。



郡山から磐越西線に乗換え。単線でのんびり。


あかべぇ。そう、ここは会津若松。思えば遠くに来たもんだ

結局フリーエリアはここまでなので、あんまり北へはいけんかった。



朝8時過ぎに移動かいしして、18時過ぎに最終駅着。途中いろいろ道草食ってるとはいえ6時間ぐらいは電車に乗ってたか。


一旦ホテルに落ち着いたあと、夜の街へ。
人いねえ。



しかし知らない街を歩くのはホントわくわくする。



こんな昭和な香りを漂わせていたりして。



翌日7時に起床して朝食はバイキング。チープな感じが寧ろいい。


帰る前に、鶴ヶ城だけ観光しておきました。

そういえば、街のいたるところに野口英世いた。


帰りもひたすら鈍行の旅。同じような風景ばかりが流れるのに、全く飽きないのはなんでだろう。行きと違って、太陽が顔を出していたので、流れていく風景が夏色に染まっていました。


ぐったり。でもメチャクチャ楽しかったんだぜ。


fotolife - 090729ツーデーパス


JR東日本:おトクなきっぷ
青春18きっぷとは