読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

20分で書いてみる

自転車を買った。あれこれ迷ったあげく、クロスバイクを購入。
今まで、自転車なんてママチャリレベルだったので受け取りの日までワクワクが止まらなかった。いざ受け取りの日、となって納車されてないことが判明し、1週間先延ばしにされるなんて放置プレイまでされて、俺の心を弄びやがる。


納車の日、ど素人の俺に店員さんがいろいろとレクチャーをしてくれた。
空気圧に注意しないといけないことさえ知らなかった俺。さて、どんだけ乗れるんだろう。店を出て、まず一歩踏み込んで、文字通り、世界が変わった。


踏んだら、前に進む。当たり前のことなんだけど、ママチャリとは段違いの軽さ。
初秋の空の下を風を切る。30手前の初体験は、余りにも気持ちよく、まっすぐ家に帰るつもりだったのが、ちょいと遠回りしてしまうほどだった。ここ数年で一番の嬉しい出会いだった。


自転車を始めたきっかけは弟の影響。
趣味も違えば、考え方も全然違う弟。だが、この弟が常に俺の想像を超えて行っており、たまーに実家に帰るたびに刺激を受けるのだ。プログラマとして働いている弟は、家に帰るとネットゲームに精を出す、という生活を送っていて、まあ、そっち方面の人間だったのだが、数年前に何を思ったのか、歩いて沖縄に行く(もちろん海の移動は船ね)をやってのけており、度肝を抜かれた。世間にはそんなことしてる人たくさんいるだろうけど、家族でやるやつがいると、驚きが全然違う。正直、負けたと思った。


それから暫くはおとなしくしてるかと思いきや、なんか自転車を買ったらしいとの母からの報告。本人に話を聞いてみると、今度は日本一周をたくらんでいるとな。またこいつ俺の想像を超えていく。


自転車始めて1ヶ月も経たない俺は、実家までの70k強の道のりでヘトヘトになってるのに、弟は霞ヶ浦までの150k超をキャンプ道具を乗せて走っていた。


いつまでたっても追いつかない。弟が自由に生きているのをまた見せ付けられた。
先日実家に帰った際は、自転車の話で兄弟で盛り上がった。まさかこんな日が来るとは。今度、一緒に走る約束をして、俺は東京に戻り、日常に戻った。


こんな近くの存在から、それも弟から学べることが山ほどある。
もう俺も30を向かえてしまったが、まだまだやりたいことが山ほどある。
負けないぜ弟よ。


via>http://d.hatena.ne.jp/nakamurabashi/20090926/1253895012


追記

とりあえず、19分でタイマーならして書くだけ書いてみた感想。20分て短い。
あんまり考えずに書いたので、何がいいたいかわからん文章ですねorz。
いい気分転換にはなった。こうやって書くのもたまにはいいね。