読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

房総半島を自転車で走ってきた。

三浦半島走ったから、今度は房総半島かなあ、なんて思いついてしまった。

思いついたら即実行。というわけで、房総半島を自転車で走ってきました。

房総半島は想像以上にでかかったよ。んでもって寒かった。
求めるのは、走り終わった後の、ビールとお風呂。


いざ。(長いよ)


鞄に詰めるのは、夢と希望と

エネループ×2

デジカメのバッテリーも2個。


地図と予備のチューブ×2、ハイポトニック飲料、iPhone
宿の地図を印刷して、帰り用に輪行袋輪行の練習は前日の朝にした。
お守りに「ビジュアル版 ロングライドの世界」

ビジュアル版 ロングライドの世界

ビジュアル版 ロングライドの世界


前日は24時前に就寝。さて、走りきれるかのう。


荒川を越えて、千葉を目指す。

■1/23 5:40
起床。眠い目をこすりつつ、朝ごはんを軽くすませて、気合入れの咆哮「がおおおお」
さあ、行こうか。


■6:20
夜の向こうに朝が近づいている。


白んで行く空。


土曜の朝ということもあって、都内はスイスイ進む。雲の流れて行くスピードが早い。朝の光で雲が煌めいてる。


■7:30
あっという間に荒川。


これが荒サイ?


荒川アンダーザブリッジ


えっと、リクはどこ?村長は?


いねーよ(冷めた目)

荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)

荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)



先が長いので、平地では30km/hぐらいを意識して進む。



千葉.in



国道14号をひたすらに進む。


蘇我で、解体中の溶鉱炉に再会。
一眼レフを買って、最初に写真撮りに来たのがここだったな。つか、変わってない?


解体中の製鉄所行ってきた。 - そらみたことか



カメラ持ってるとついつい寄り道してしまう。それが面白いのでもあるけれど。



16号に入って、工場群の脇をひたすらに進む。工場と聞いたらワクワクするのが男子の常ですが、のんびりしている場合ではない。2,3枚収めて先を急ぐ。



■11:50
木更津着。駅横の吉野家で昼休憩とする。

輪行袋持った人をみかけて軽く会釈。どこに走りに行くのかな。僕ですか?僕はこのまま南に走ります。

富津岬で、三浦半島を望む

こっから、ルートをそれて富津岬に向かう。こんな道がずっと続く。


あれは何だ?


人はいないし、道も広くて走りやすいが、ダンプにがんがん追い抜かされて行く。怖ええ。



■13:15
富津岬着。なんだか場違いな展望台が。揺れてるし。


向こうに見えるは先週走った三浦半島だな。


目指すのはあっちか。ここまでで大体100km。こっからが勝負。


房総半島の先端へ

三浦半島に比べて、トンネルが多い。


そのおかげかアップダウンは少ないので走りやすいのだが、、路肩が狭い、というかない。これは自転車にとって危険極まりない。歩道なんてもちろんないので、逃げ場が無い。中にはこんなトンネルも。


これを押すんだよ。


怖すぎる。あとトンネルで怖いのは音ですね。背後から迫り来る音は心臓に悪い。



そんなトンネルを抜けつつ、海岸沿いを走ったり


電車と並走したりして



■16:15
館山市


この時間で館山ということは、確実にナイトラン。。日が沈む前にたどり着きたかったところだが、致し方ない。とにかく目指すしかない。



夜走りたくないのは、ちゃんとした夜装備をしてないのと、市街地以外の道路は真っ暗。何しろ自転車はいくらライトつけてても車からはほとんど見えない。冗談抜きに怖い。でも、辿り着かないと。時間も迫っているので海沿いを走るのは諦めて最短距離を選ぶ。これがまた山の中という。。集中力だけ切らさないようにしてなんとか走って



■17:45
野島崎到着。もうすでに夜ががが。遠くに僅かな光の忘れ物。


やっぱり日本人は炬燵だよね、エアコンはコイン式だよね!

写真は明日の朝に撮ることにして、宿へ。飯と、お風呂!
野島崎をちょっと過ぎたところにある民宿へ。


炬燵がある!やっほい!  


。。。あれ、あのエアコンから繋がってるのは何だ?




ん?


コイン投入式か。。100円で1時間とな。テレビ以外でもこういうのあるんやね。




素泊まりなので飯は出ない。風呂にも入りたかったが、まず近所のスーパーに食料を調達に行く。あとビールね。東京の10倍増しの星空に、寒さ忘れて思わず空を眺めたり。



風呂上がったら、宿のおばあちゃんに「男前」って言われたよ!やった!
でも、一人旅の女の子に出会って意気投合するっていうイベントが発生しないのはなんでだ?




明日の朝は日の出を見ようと決め、22時前に就寝。


本日の走行距離
174.16km


より大きな地図で 房総1 を表示

二日目の朝は日の出とともに。


■1/24 6:00
起床。朝だから目覚めたというより、寒さに目覚めさせられたといった感じ。コイン式のエアコンは4枚までしかいれられないので、もって4時間。そりゃねーだろ。



■6:30
おばあちゃんに挨拶して宿を出る。あと60年若かったら結婚したかったよ!


さて、昨日たどり着いたはいいが写真を撮れなかった野島崎へ。


海の向こうが、太陽の熱を蓄えてじりじりと焦げている、そんな朝だ。


日の出。


千葉といえばマックスコーヒー



あっという間に登っていく太陽に元気をもらう。
灯台は登れなかったので、房総半島最南端の碑などを見て回って、


さて、今日も行こーか。


海岸線を北上、房総半島はでっかい。

昨日は海沿いを走る率が低かったので、積極的に海沿いを走る。



北へ北へ。




よく見かけた「花摘み」の看板。有名なの?全然知らなかった。




海は青いし、空も青いし。
(すごく当たり前のことを敢えて言うのとか好きです)



道はまっすぐ。


自転車道発見!
って、あれ? もしかして、気付かなかっただけで、ずっとあったのかな?




ちょっと走ってみるが、浜風がはんぱない。きっついよこれ。




途中休憩で寄ったコンビニで駐車場に止まってる車からEvery Little Thingが全開で流れてきていてテンションが上がる。世代ですメチャクチャ。Time goes by.


自転車道から戻っても、風は止まない。これが房総の風か。体力と気力が削がれていく。距離との戦いは風との戦いへ。全くもって進まない。20km出すのがやっとの状態。これは、マズイ。



天気が良くて、景色がいいのだけが、心を繋ぎとめてくれる。







鴨川シーワールド。写真だけ撮ってスルー。


コンビニで休憩していると視線が?



お前か。


お前もか。


にゃー

お前に会いに来たんだよ、九十九里浜

■13:30
なんとか、鴨川を抜け、勝浦を抜けて、



九十九里浜





ほんとうに、会いたかったよ。




さあ、次は銚子だ。時間は、、あれ?まだ60km以上あるのに、もうこんな時間。膝と太ももと風の具合を考えると、どう考えても4時間、、いや5時間ぐらいかかるぞ。


ということで、写真はほどほどにして、ひたすらに踏む。
(走るのを「踏む」っていうんだよね、自転車人たちは)



自転車道を見つけて入ってみる。




その後は県道を。信号がないのでスイスイ行く気がするが、スピードは出ていない。


今回走って、一つ勉強になったのは、「コンビニはあったら入っとけ」ってことかな。もうちょい行ってから休もうなんて考えていると、次のコンビニがない。消費カロリー半端ないので一日何回も食事が必要なので、タイミング逃すと途端にきつくなる。ロングライド難しいねホント。ロード乗り初めてまだ十日だよ俺。



走ってる間、何で俺はこんなことやってんだろう、って100回ぐらい考えてた、別に何かの答えを探しているわけでもなんでもない、ただの思いつき、と自転車乗るの楽しいってことだけだよなあ、今のところ。それにしても風が強い。帰りたい。



■16:00
銚子まで36km。。ナイトラン確定しましたorz


ほとんど一本道何で迷うことあんまないんだけど、夜になるとなんだか不安になって何度も地図を確認する。こういうときiPhoneは便利やねー。ルート検索すごい。


昨日とあわせて200kmをとっくに越えてる、それどころか300kmオーバー、もうちょっとした上り坂がつらい。勾配とか関係ない。登ってるかどうか、それだけが問題なんだよ。






■18:49
銚子着!

思えば遠くに来たもんだ。
ほんと何がしたかったんだろうね俺。





宿へ。
部屋があっためてある。こういう気遣いが溜まらなく嬉しい。



まず風呂。あっつい湯船に体を沈める。命の洗濯。




さあ、今日ぐらいは美味いものを食べようじゃないか。


やっぱり日本人は魚でしょ?

宿の紹介で、近所の「香海」というお店へ。
香海 (こうかい) - 銚子/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]


ビール!


刺身!


てんぷら。



舟を持ってるという大将の作る料理がマズイはずが無い。むっはー。


壁には色あせた色紙が並んでいた。「せんだみつお」だけわかったよ。ナハ!ナハ!



飯食ったら猛烈に眠気。明日は走らずに輪行で帰ろうと心に決めて、21時前に就寝。

2日目の走行距離
159.25km


より大きな地図で 房総2 を表示


3日目の朝は潮の香りと共に。

■6:15
起床。今日は早く起きる必要ないのに。部屋もあったかいのに。。
昨日早く寝たのでこれでも9時間寝てるからねー。


せっかく目がさめたので、朝の散歩にでかける。足は、割といける。



銚子港。


今日も今日とてマックスコーヒー


お仕事してきた後ですかね。灯りが。



お、魚市場かな?




おお、水揚してる!



魚魚魚!



ちょっと怖いw



朝からご苦労様です。完全部外者への冷たい目線、は感じなかったが早々に宿に戻ってもうちょい寝る。


■9:00
チェックアウト。朝ごはんをガストで食べて、さて帰ろうと思ったら、、


あれ、犬吠埼、行ってないな。6kmか。。行ける!


ということで

絶景の犬吠埼で愛を叫ぶ


ごめん、これチャプタータイトルに入れたかったから行った。後悔はしていない。


6kmとか、朝飯前(もう食ったけど)、のはずが、回らない。上り坂やめてー


初めてゆっくり景色見ながら走った気がする。自転車はこれが出来るのがいいんだよね。ちょっとスピードと距離ばかり考えていたの反省した。


線路。こういうの撮りたくなるのが男の性。


程なくして、目的地へ。


犬吠埼マリンパーク。この季節流行ってはないよね。


がおー


灯台。


もうね。海しかないの。





絶景。



愛を叫ぶどころか、言葉が出ない。




さあ、もうたっぷり走った。帰ろうじゃないか。



さらば房総半島


■12:00
銚子駅。え、、電車がない。次が12:45とか。。

まあいい、輪行の準備。



お前よくがんばったなー。お疲れ。



タイヤはずして。


輪行袋.in



出発まで待合室で時間をつぶす。
達成感というよりは虚脱感。もう当分走りたくない、なんてことはなく。
次の休みはどこに行こうかと考えている自分がいる。もう病気じゃないのかな。




■12:45
最後尾を確保。


切符でかいね。


もう走らなくていいんだぜ。俺。



総武本線て単線区間もあるんだねえ。

総武本線 - Wikipedia




千葉、東京と乗り換えて、16時前に自宅最寄り駅へ。
3時間ちょいか。あっという間だな。



自宅帰って、自転車組み立て。
パンクしなくてよかった。

3日目走行距離
11.48km(銚子⇔犬吠埼往復だけ)

電車
130.3km

3日間の走行距離
344.9km

明日は足動かないんだろうなあ。


こんなんじゃあ、佐渡を走りきれない。まだまだこれからだ。