読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

ロードバイクに乗り始めてから、初めての夏が来た。

自転車 写真

IMGP0399
心底会いたかったんだけど、実際に来てみると会うのを躊躇ってしまう。そんな感じだった。
ロードバイクに乗り始めたのは1月の冬の寒い日だった。
三浦半島も房総半島も死ぬほど寒かった。なので、暖かくなるのを待ちわびていた。正確には夏を待っていた。でも、春が来たときに気づいた。夏こそ自転車の天敵なのでは?

春の陽気でさえ、汗を噴出させるには十分すぎた。それなのに、夏の太陽を浴びたら溶けてしまいそう。それでも走りたい。もう、体と心がそういうふうに出来てしまっている。まさに自転車脳。ビンディングシューズをペダルに固定すると、心拍数が跳ね上がる、そんな気がするんだ。長い距離を走っていても視界が開けると、太ももが軽くなる気がするんだ。

そんな訳で、自転車を始めてから、初めて迎えた8月の朝。



なんども走って、勝手知ったる江ノ島ルート。
時間に余裕もあるのでちょっと遠回りだ。


IMGP0355
20号から環七を経由して246へ。

多摩サイ

ロード買って最初に走ったのがここだった。わかりやすい人生だ。
休日のローディーの多さも、お盆仕様で、5割カット。
IMGP0359


IMGP0364


IMGP0376

道路脇の草が伸び放題で体を掠める。
IMGP0378



IMGP0381
多摩川大橋から1号に入って、横浜方面を目指す。



IMGP0382

横浜

IMGP0384


IMGP0387
ランドマークを撮ろうと思って大体の方向で進んでたら、真下に出てしまった。


最初の休憩。
IMGP0389


ここまでは順調。10時ぐらい。曇り気味の空に助けられていたが。
問題はこっからだった。日が昇るにつれ、当然のように気温は上昇し、
ノンストップで汗が吹き出る。ジャージの前をフルオープンにしても無力。。
いっそのこと裸で走りたい。


鎌倉街道を抜けて一気に海まで、と思ってたんだけど、休憩を挟まざるをえない。
水分を補給。頭からもかぶる。夏って暑いんだな。。

鎌倉

鶴岡八幡宮。人がわんさか。
IMGP0393


海だっ
IMGP0397
青空がないのが写真的には非常に残念だが、自転車的には救い。
水着美女に視線を奪われつつ、134号を西へ。


134号を走るなら、絶対に西に向かうべき。要は海側を走れということ。
茅ヶ崎のほうまでいってしまうと、防砂林に阻まれて面白くないが、
このあたりの区間は非常に気持ちがイイ。ここを走るために自転車始めたと言っても過言ではない。

江ノ島

IMGP0398
w90のワイドを縦に使うとなんか間抜けな写真になる…



車道は自転車が入れないので、歩いて渡る。
IMGP0399

パールイズミ和柄ジャージをおばあちゃんに褒められた。やっほい。


木陰に自転車を止めて一休み。横浜から鎌倉までが予想以上に時間かかった。
衰えを感じる。自転車って乗り続けて無いとダメだなあやっぱ。


昼ごはんに生しらす丼
IMGP0405



帰りは、藤沢から1号に入って、ひたすらペダリング
1時間に1回ぐらい休憩しないと暑さでぶっ倒れそうだった。
それでも行きに比べて時間は短縮。ま、写真も撮ってないしね。。


信号待ちで止まったときに、自分の体の熱でクラクラする。
それなりにスピードだしてれば風が気持ちイイけど、止まった瞬間に体中から熱が噴き出すような感覚。からだに篭った熱は簡単には抜けない。下手したら熱中症でぶっ倒れる。
ボトルが直ぐ空になる。コンビニで補給用の水分を1リットル買って半分はその場で飲んで、半分はボトルに、って状態。こんなにキツイとは思わなんだ。


めっちゃ日焼した。


翌日自転車屋さんで早速ボトルを購入。これで少しはましになったかな。
さて、インフレーターをどこに付けようかな。

走行距離:125.43km
平均速度:22.0km/h
最高速度:55.7km/h
走行時間:5:41'56

積算距離:1923.32km

もう少しで2000kmだー


より大きな地図で 20100814 江ノ島 を表示

20100814 鎌倉・江ノ島 - ルートラボ - LatLongLab
20100814 kamakura_enoshima - an album on Flickr