読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

原宿、品川、写真展。

散歩 写真 美術

いろいろ詰まってくると非日常に浸りたくなってしまって、そういうときは決まって芝居、か美術館。カメラ持って散歩。暑いのにいろいろ歩きまわった。前半戦。
P1030506


原宿

俺が最も似合わ無い街、原宿。
意味もなく竹下通りを通って、表参道方面を軽く歩きまわる。確か高校生の頃はここに来るたびにワクワクしたもんだが、今となってはガキ臭い街にしか見えない。とっくの昔に俺の目は曇ってしまったし、脳は饐えた。


P1030436


P1030437


P1030442


P1030444


P1030477


P1030487



目的地は表参道ヒルズ。なんでヒルズなのかわからないし、いつ来ても流行ってない。
この日も、地下3回のイベントスペースだけが賑わっている。

梅佳代写真展「ウメップ」シャッターチャンス祭りinうめかよひるず

P1030464
ほぼ日刊イトイ新聞 - 気まぐれウメップ
ほぼ日刊イトイ新聞 - うめかよ参上!

本日のお目当てその壱。
笑顔、笑顔のオンパレード。写真も客も梅佳代も。惚れた。
皆していい顔してやがる。こういう写真見ると自分でももっと撮りたくなる。

ウメップ

ウメップ


暑さを吹き飛ばすほどのエネルギーを蓄えて、今度は品川へ(電車で

品川

とりあえず腹が減ったので品達へ。
ラーメン・どんぶりの品達


適当に選んだ、旭川ラーメン「さいじょう」へ。

塩つけ麺もぐもぐ。
P1030511


魚介やらとんこつやらばっかり食べていたので、たまに食べる塩系が美味い。
お腹がいっぱいになったところで。歩きます。

P1030518


P1030524


P1030525

ウィリアム・エグルストン「パリー京都」@原美術館

P1030527
Hara Museum Web

原美術館て初めて行ったけどいい雰囲気のところだな。
P1030526
http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/46sLvDXgHutOmrJSlx9q

20世紀の芸術写真史に重要な位置を占めるアメリカの写真家、ウィリアム エグルストン。故郷のアメリカ南部の人や風景をパーソナルな視線で切り取った一連のカラー写真は、1976年ニューヨーク近代美術館が企画した個展を通して高い評価を受けました。以来、カラー写真を芸術的表現の域にまで高めた一人として、エグルストンは70歳を越えた今も精力的な活動を展開しています。

http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/46sLvDXgHutOmrJSlx9q

外国人が撮る日本ってどうして日本に見えないんだろう。通す視点が違うだけで全く違う世界に見えてくる。不思議。それがまた写真の面白いところ。

William Eggleston's Guide

William Eggleston's Guide

William Eggleston: Paris

William Eggleston: Paris


それにしても、美術館自体が素敵過ぎる。中庭とかの作りとか意匠とか全て含めて。心地良いとはこういうこと。

P1030532


P1030534


P1030537



20100821 harajuku_shinagawa - an album on Flickr