読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

自転車で箱根ターンパイクを登ってきた。

写真 自転車

IMGP0700

何を思ったのか、気づいたらヒルクライムのレースに申し込んでいた。
sadoり前ならまだしも、ちょっと走ったぐらいでバテてしまうぐらいに夏だったので自転車サボりがちだったのに…自動車専用道路を走れる、というだけで飛びついてしまった。


ということで、箱根ターンパイクを駆け上がってきました。自転車で。

2ヶ月前の7月某日。何を思ったのか、初めてヒルクライムのレースに応募してしまっていた。
自転車を始めてから、スピードやタイムを競うことに興味はなかったはずなのに。
箱根、ターンパイク、普段は自動車専用道路、そんなところを自転車で走れる!
ただそれだけで、気づいていたら申し込んでいた。自転車乗りの通過儀礼的に、和田峠や箱根にトライはしていたけど、それはあくまでもそのルートを走ってみたいからであって、何かを競いたいわけではなかった。今回もそうだ。走ったことのないところを走ってみたい。


◆9/25
決戦前日。自走で平塚ベース(実家)へ。
いつものように横浜から鎌倉経由。

IMGP0648
夏が終わったというのに海も空も相変わらず青い。


IMGP0658

IMGP0663


前日の台風の影響か波が高くてサーファー達がわんさか。
実に楽しそうに波に乗ってる。こういうの見るとサーフィンもいいものだなあ、なんて。
高校時代、授業をサボって海に行ってもビーチバレーぐらいしかしなかったのを後悔。
せっかくそれこそ「自転車で」海に遊びに来れる距離で育ったのに全くその恩恵を受けずに海と夏を放棄してきてしまった。。(平塚の海は泳げないけど)


鎌倉からさらに西に134号を走って
途中、サザンビーチへ立ち寄るなどして
IMGP0668



IMGP0669

夕方に実家着。
追い風が気持ち良くてついつい足に力が入って前半はavg25kmぐらいまで上がってた。
後半、細かい寄り道したり正直バテてしまって最終的には23km/hぐらいのいつもの調子に落ち着く。それにしても、足を使いすぎた。。これが翌日の本番に響く。。


いつものように実家の猫を愛で就寝。

走行距離:81.76km
平均速度:23.5km/h
走行時間:3:28'13



◆9/26
7時起床。完全に晴れだ。会場までの20kmを自走。昨日の疲れが足に残っている。
国道1号にはいつにもましてローディーの姿が多い。目指すところは皆同じか。そしていつものように俺を凄いスピードで追い抜いていく。ついて行きたくなる気持ちを全力で抑えて西へ進む。
IMGP0673


IMGP0674


IMGP0679
9時過ぎに会場受付着。
レースは年齢別にカテゴリが幾つかにわかれていて自分のカテゴリは11:30スタートだ。
ターンパイク上でその時を待つ。普段は有料道路。二輪で500円だ。そこを6000円払って自転車で走る。自転車脳は金銭感覚も狂わせる。

IMGP0684


IMGP0686
あそこを走るんだな。ドキドキ、ワクワク。
周りの自転車を見るとカーボンごろごろ、ホイールもDURA ACEにMAVIC。。(そんぐらいしかわかんない。あとなんか凄いのも沢山あるんだろうけど)ホイールだけで俺の自転車より高いんじゃないの…


なんか完全に部外者な感じ。。虎穴に入らずんば、虎子を得ず、というのはこういうことか、もう開き直るしかないやんね。ヤルならヤラねば(とりあえず完走!)


IMGP0689


IMGP0695


IMGP0696
大いに不安を掻き立てられつつ、順々にスタートを切っていく。
一度にスタートするのは30人ほど。


さあ、13kmで1000mを登るヒルクライムスタートだよ。
IMGP0700





あれ?いきなり勾配キツクないですか。もうギア最軽ですか。。
辛うじてシッティングで登れるものの、全く余裕が無い状態。

まあ、しばらく登ってれば休憩ポイントあるだろう、そう思っていた時代もありました。。


ずっとだよ!まるっきり休めないよ!坂が延々と続くよ。。

IMGP0707


IMGP0709


IMGP0713


IMGP0720


もう何度心が折れそうになったことやら。
で、こちとら精神と肉体の限界と戦い続けているというのに、皆すごいスピードで追いぬいていく。。住む世界が違いすぎる…


100人ぐらいには余裕で追い抜かれた。俺が追い抜いたのは、手で押して登っている人ぐらい(これ冗談でなくて本当に)
自分の貧脚ぶりと、あまりの無謀さに気づくのに時間は大して必要ではなかった。けど、だからといって走りだしたからには止まるわけには行かない。どんなに時間がかかってもいいから頂を目指す。そこには、光が、光があるはずだから。


IMGP0722


IMGP0728


IMGP0730




1時間半の苦行ののち、大観山獲得!
登った!登ったぞおおお!
IMGP0735




芦ノ湖を見下ろす。
IMGP0737




マジしんどかった。自転車は坂を上るためのものじゃねえ!


◆走行記録

走行距離:13.62km
走行時間:1:30'48  ←時間かかりすぎ…
平均速度:9.0km/h


Cカテゴリ完走500人中475位。。下から数えたほうが早いよっ


トップの人は40分で登ってやがる。平均速度20km/hってどういうこと。山だよ?



しばし放心状態だったけど、寒さで我に返る。
レストハウスで、ラーメンをオーダー。不味いけど今だけは美味い!
IMGP0739



◆登れば当然下りがある
ということで、今北道を下ります。
IMGP0742


「8k地点(つまり5km下ったところ)でリム冷やすために一旦止まりまーす」


え? 


自転車素人にとっては、このアナウンスがどういうことかよくわからなかったんだけど、
走ったら直ぐにわかった。

カーブが緩く、ストレートが多いコースなので、そこを下るということは、、


スピードうなぎのぼり(下ってるけど)


下ってる時はサイコンを見る余裕が無かったので止まった時に確認したら


70km出てました。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



そりゃリムの冷却も必要ですよね。ははは。


登りはあんなに時間がかかったのに下りはあっという間。
それにしても怖かった。。


麓まで下ったあとは、もう惰性で実家まで。



雨が降りそうだったし、太ももは全く息をしていなかったので
帰りは伊勢原から輪行で。



づがれだーーーーーーー



自宅に帰って近所のファミレスで飯食ったら、睡魔に襲われて21時には夢の世界に旅立ってましたとさ。お疲れ俺。


http://www.super-hc.jp/
5