読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

2016年1月1日。

語りたいから勝手に語る。インターネットはそういうところだ。

「20代は新しい発見ばかりだが、30代にはそれがほとんどなくなり、40代にもなると知っていることの繰り返しになる」なんてことをちょっと前にどっかのブログで読んだ。全然そんなことは無いんだけどな。むしろ年を重ねる度に興味があることや、やりたいことは増えていってまったくもって消化できないぐらいだよ。いまでも新しい発見は山ほどあって、知らないで今まで損してた!なんてことは日常茶飯事だ。2015年も今までの人生で一番楽しかったし、2016年も間違いなく楽しいだろう、たぶん、きっと。いや、間違いなく。

神奈川の平塚、と言う街で育った。海はあるけど遊泳禁止、なのでサーファーはいなくて意気がってもビーチバレー止まりの街だ。小中をごく普通に通過して高校途中でドロップアウト、図書館やレンタルビデオとテレビ見て過ごす、という時期を経過したあと、なぜか演劇に出会ってまずは観ることにハマって年間50本ぐらい観てた。まだ平塚に住んでたから交通費も合わせて相当金つぎ込んでた。その金の為にバイト始めたのだったかも、もう時間が経ちすぎててあんまり覚えていない。そのうち演劇に本格的に携わりたくなって勉強しに東京へ。それが20を過ぎるか過ぎないかの頃。しばらく演劇にのめり込んでバイトと芝居の生活をするも数年で再びドロップアウト。バイトもやめたのでまた引きこもり。実家暮らしだったときとは違って一人暮らしで引きこもったらスグに家賃払えなくなって行き詰まるので、数カ月後に働き始めて、そっから同じ会社で今に至る。シンプルに言ったらこんだけの人生だ。否。その間にいく人もの人に出会って好きなものが増えて、笑って泣いてまた笑った。人に出会う度に自分が塗り替えられていって30ウン年経ってやっと今の自分が形成された。そしてこれからも更新されていきます。だってもっともっと好きなモノが増えていくから。それこそ20ぐらいの頃の自分を思い返してみると、今とまるで違ってただただ世界に尖った槍を突きつけていたつもりでいて、実際には内なる自分に向いていた、っていうようなよくありがちな人生を過ごしていたし、割りとつい最近までそんな感じだったし。
仙台には2012年の1月に転勤で来た。着任初日は1月の第1営業日で新幹線で仙台に着いたら雪が降ってたことが印象的だった。東京だと雪が降るだけでニュースだったけど、仙台でももう4回めの冬を経験すると雪降るのが当たり前で、今年のようになかなか降ることがないと逆に心配になっちゃうぐらいだ。仕事のスタイルは仙台に来てからだいぶ変わって人生観もだいぶ変わったかなあ、と思ってます。それでも今でも実際の「声」に出してものを伝えるのは苦手です。これって上手くなったりするのかな。苦手だけど大切なものが出来たり出会ったりした際にはなんとかして伝えられるように頑張っていきたいなあ、と思う2016年です。


途中から自分でも何書いてんだかわからなくなったけど、まあ、とりあえず、近況報告のようなものです。

2016年1月1日。
結婚しました。今年もよろしく。祝え。



ハンバート ハンバート "ぼくのお日さま" (Official Music Video)