読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくいうもの

いつでもきょうがいちばんたのしいひ

都市というランドスケープ

日記 写真 美術


P1040764

TokyoOperaCityへ。


最近ちょっと興味を惹かれているのが、建築だ。資生堂ギャラリー石上純也を見たあたりから、心に引っかかってる。カメラを持って道を歩いてシャッターを切り続ける限り、そこには必ず建築物がある。ということは、都市は風景であり、建築家は風景を想像している、と妄想していたら、そんな企画展だった。奇抜、といってもいいほどの個性的なデザインの建築物が屹立する、または谷を作る。地上に人が存在する限り、建築物が景観を作りつづける。風景を作るというとてつもなく壮大なエンターテイメント。閉館時間ぎりぎりまで居座って脳みそをフル回転させて、エゲツないほどに強固で誇大な建築家の仕事ぶりに感嘆した。
梨花女子大学キャンパス・センターは秀逸。学生に取ってみたらいい迷惑なのかもしれないが。




ドミニク・ペロー 都市というランドスケープ|東京オペラシティ アートギャラリー

TAB イベント - ドミニク・ペロー 「都市というランドスケープ」



クラクラしながら、会場を出るとクリスマスツリーが待っている。日曜だというのに人は少ない。

P1040744

P1040759

P1040752


P1040767


クリスマスは嫌いじゃない。何かと理由をつけてはしゃぎたくなる、そんな人が好きだ。